収納スペースをしっかり確保している注文住宅なら住友工務店

注文住宅の玄関の収納について玄関はすっきりした空間にしなければなりません。靴が乱雑におかれた環境では来客した人に「この家は片づけができていない」と思われてしまいますし、臭いなどの衛生面でも問題が生じます。もともと玄関に十分なスペースを確保できる住宅は少ないですから、すっきりした空間で広く見せる工夫も求められます。そのためにも玄関の収納は家造りにおける大事なポイント。注文住宅でも必ず検討しておきたい点です。


玄関の収納といえばもっぱら靴を入れる場所、というイメージが強いでしょう。そのため家族の人数分の靴が入ればよい、と考えてしまうもの。しかし実際には玄関に収納するものはさまざま。たとえば傘。下駄箱にだらしなく立てかけられたり、下げられている環境は避けたいもの。三輪車やシャベルなど子供が外で遊ぶための道具。高齢者が住んでいる場合には外出用のキャリーも玄関が置き場所となるでしょう。他にもゴルフ用品やバットなどスポーツ関連の物を置く家庭もあるはずです。

玄関の収納スペースはありすぎて困ることはないと言えます。問題なのはそのスペースをどれだけ確保できるか。理想としては壁面に収納スペースを設けたいところ。下駄箱ではスペースに限りがありますし、大きくしようとすると玄関そのものが手狭になってしまいます。注文住宅の場合は最低限、靴と傘は収納できるスペースを壁面に用意しておきたいところです。


そのほかの道具は玄関近くに物置を設置するなどの方法で対処するのもひとつの選択肢です。できるだけ近く、外出時に手軽に取り出せるかがポイント。またできれば雨の日に濡れた傘や衣服、レインコートなどを一時的に置くことができるスペースも用意しておきたいところ。こうした点も踏まえつつ注文住宅の玄関を工夫してみましょう。