家の玄関まわりの環境

ホームへ戻る >  注文住宅の玄関収納の選択肢  > 家の玄関まわりの環境

家の玄関まわりの環境玄関はその家の顔。注文住宅を建てる際にはとくに充実させたいポイントです。その玄関には外の顔と内部の顔の2つの面があります。注文住宅を建てる際には間取りに関わってくるだけに、内部の顔にばかり意識が向いてしまいがちですが、外の面にも配慮が必要です。


たとえば玄関ポーチ。この部分に十分なスペースが確保できるかどうか。開き扉の玄関の場合、外開きが原則。来客を迎え入れるため扉を開いた時に来客が窮屈な思いをしないだけのスペースは必ず確保しておきましょう。家の間取りや玄関の位置、さらには庭のスペースとも密接に関わってくるだけに、計画段階からしっかりと考えておく必要があります。

もうひとつはプライバシーの確保。家の顔だけに、近隣の人や通りすがりの人の目に触れてしまうのは仕方ないところ。だからこそデザインや素材にこだわる必要があるわけですが、やはりプライバシーの確保も忘れないようにしたいところ。玄関扉を開いた時に住宅の内部が外から丸見えになってしまうような環境は避けたいところ。


とくに注文住宅では開放的な空間が人気のため、この辺の意識が希薄になってしまう面もあります。南向きで日当たりの良い家でも玄関の開放感にばかり目が向いてしまうことが多いので注意しましょう。必要なフェンスなども設けて外からの視界を遮る工夫も考慮しておいた方がよいでしょう。来客者はたいてい玄関でその家の第一印象を決めます。それだけ玄関の充実が求められるわけです。デザイン性だけに走らず、実用性や居住性にも配慮したうえで慎重に決めていくようにしましょう。