注文住宅の床材について

ホームへ戻る >  注文住宅の玄関収納の選択肢  > 注文住宅の床材について

注文住宅の床材について快適な居住空間を手に入れるためには床の素材にも配慮が必要です。考えてみれば住宅の面積の大半が床で占めることになります。直接腰掛けることもありますから、肌と接することも念頭に入れたうえで床材を選んでいくことも必要なのです。とくに注文住宅の場合は快適性や遮音性に加えてデザイン性なども考慮しながら検討していきたいところ。


では床材にはどのような種類があるのでしょうか。現在もっとも人気があるのがフローリング。木材を材料にしたフローリングです。注文住宅を建てる人も大半がこのフローリングを選ぶのではないでしょうか。部屋を広く見せることができ、シンプルでオシャレな空間に演出できる点がとくに魅力です。

一方、注文住宅における床材の選択肢として人気を高めているのがコルク。とくにキッチンの床材として人気です。適度な弾力があるため、万一包丁など刃物を床に落としてしまった場合も安全です。また足腰に負担がかからなかったり、転倒の際にも怪我をしにくいといったメリットがあり、高齢者や小さい子供の部屋の床材にも適しています。


遮音性や断熱性にも優れている点も忘れてはならないでしょう。さらにもうひとつ注文住宅の床材として選択肢に挙げられるのが天然素材。竹や藤といった素材を使用した床です。環境に優しい点、強度に優れ、耐久性に優れている点などがメリットとして挙げられます。独特の温もりを感じさせてくれる空間も魅力でしょう。せっかくの注文住宅を個性豊かに演出したい場合によい選択肢となるはずです。