好かれる歯医者って?

ホームへ戻る >  何歳までなら歯医者になれる?  > 好かれる歯医者って?

歯医者というと、専門性が高く、人の役に立つ仕事ということで、社会的な地位も高いと考えられる職業です。ただ、そんな歯医者が全員、周りの人に尊敬されているかというとそんなことはありません。歯科医として働くとき、まわりには歯科衛生士の方や業者の方などさまざまな方がいらっしゃいますが、そんな方々に好かれるか、それとも好かれないかの違いとはどんな部分なのでしょうか?


好かれるか好かれないかの違いは、一般の歯医者の良し悪しを考えるのと、あまり大きく変わることはありません。どういった要素が必要なのかというと、たとえば、専門知識があるからといって、周りの人に対して高圧的にふるまう歯科医はやはり好かれませんよね?患者さんにも、周りで働く人にも好かれるのは、しっかりと礼節を持って応対し、親切に丁寧に説明をする歯科医だと思います。

さらに、どれだけ親切だからといっても、安易に患者さんや歯科衛生士の意見に迎合するようでは、良い歯医者とはいえません。最終的には、きちんと責任を持って専門家としての判断ができる人が好かれるのではないでしょうか。


もしも歯科医を目指すなら、患者さんや周りの人に好かれるのはいい仕事をするうえでとても大切ですから、そういった部分には気を遣いたいですね。人はひとりで仕事をすることはできません。周りを大切にして周りを活かそうとすることで、自分も生かされますし、良い人間関係を築くことができるのではないかと思います。