歯医者のクリーニング

ホームへ戻る >  何歳までなら歯医者になれる?  > 歯医者のクリーニング

歯医者では、いろいろな治療を実施していますが、その中の一つに、クリーニングがあります。歯医者もしくは歯科衛生士によって、歯の表面に付着している汚れなどを取り除くことを指します。歯の表面にこびりついている汚れや食べカスのことを、歯垢と言います。この歯垢を餌にして、細菌が繁殖することで、虫歯や歯周病を発症するのです。


中には、きちんと歯磨きをしているから大丈夫と思っている人もいるでしょう。しかし例えば、歯と歯茎の間の所の歯垢は、なかなか通常のブラッシングでは取り除くことが難しい場合もあります。しかも歯垢から歯石になってしまうと、歯磨きで取り除くことは難しくなると言われています。歯石までになってしまうと、歯医者に行ってクリーニングをしてもらって取り除くより仕方がなくなってしまいます。

では歯医者でクリーニングした方が良い人として、どのような人が考えられるでしょうか?まずは、歯周病と診断されてしまった人です。このような人は、歯石が歯にこびりついている可能性が大です。そこで、歯石はクリーニングを通じてしっかりと取り除くことが必要です。中には、歯茎などに炎症を引き起こしている人もいるかもしれません。そのような人はクリーニングをすることで、炎症の症状を軽減できる可能性があります。他には、口の中をすっきりとさせたいと思っている人にも、クリーニングはおススメです。クリーニングをすることで、歯の汚れを取り除くことができるので、すっきりとした感覚があると言う人も多いです。