歯科クリニックの予約をキャンセル

ホームへ戻る >  何歳までなら歯医者になれる?  > 歯科クリニックの予約をキャンセル

歯科クリニックで予約をしていたのにも関わらず、急な用事ができてしまった場合などでは予約をキャンセルしなくてはいけません。キャンセルすることが事前に分かっているのであれば、できるだけ早めに電話をすると、歯科クリニック側が助かるでしょう。特に人気のあるところでは、常に予約がいっぱいで、なかなか予約が取りにくいところもあります。そういったところでは、当日急に行けなくなってしまい、キャンセルをすると、予約分を一つ開けていたのに、ということにもなり兼ねません。予約のキャンセルはできるだけ避けたいものですが、どうしても行けなくなってしまった場合には、やむを得ず電話でキャンセルすることを伝えましょう。

一番やってはいけないのは、何の連絡もせず、黙ってキャンセルすることです。これでは歯科クリニックでも来るものだと思っているので、待っているのにも関わらず、来ないという一種の裏切り行為に値するでしょう。行けなくなったのであれば、常識として電話でキャンセルすることが大切です。


また、その日の予約をキャンセルしたのであれば、別の日の予約をその時に必ず取るようにしましょう。次の予約を取らないでいて、特に歯に異常がなければ、別に行かなくても良いか、と人間というものは考えがちです。虫歯や歯周病であるならば、きちんと完治するまで歯科クリニックに通うべきです。それを自己判断で途中でやめてしまい、放っておくと状況が悪化し、治療も困難になる場合もあります。