歯科矯正の値段が歯科ごとに違う理由

ホームへ戻る >  何歳までなら歯医者になれる?  > 歯科矯正の値段が歯科ごとに違う理由

矯正について、値段が歯科ごとに違うのはどうしてでしょうか。これは、矯正というものが保険の対象外になっていることが原因になっているのです。つまり、全ての費用を自費で支払う必要がありますし、各矯正歯科の値段も各歯科がそれぞれ自身で値段を設定していますので、値段に関しても病院ごとに差が出てきてしまうのです。


矯正は、その矯正の治療を行う年齢も値段の差に関わって来ます。もし、矯正を行う方が未成年の場合は、あごの骨や歯の成長が未発達の為、歯についての矯正もスムーズです。歯の形成が途中の段階なので、歯も比較的柔軟に動いていくため、その治療期間も短くて済むケースが非常に多いのです。

また、費用の面に関しても、子供の歯科矯正に関しては大人が歯科矯正を行う価格の半額程度で済みます。こういったメリットがある点からも、歯科矯正は子供のうちに行った方が良い、とされているのです。


ただし、子供の歯科矯正を行う場合、乳歯から永久歯に生え変わる段階で歯のバランスやあごの骨のバランスが崩れてしまうことがあります。その場合再度矯正を行わなくてはならない場合もあるので、子供の歯やあごの骨の成長過程を観察しながらの矯正ということになります。大人の歯科矯正に関してはその必要はありませんので、却って治療計画がスムーズに進むことが多いようです。子供にせよ大人にせよ、正しい歯並び・噛み合わせでいるということは非常に大切なことです。歯の健康を維持していくためにも、歯科で矯正を受けると良いでしょう。