注文住宅と坪単価

ホームへ戻る >  注文住宅の中古市場  > 注文住宅と坪単価

注文住宅を検討し出すと、否応無く坪単価という言葉を目にすることになり、どういう仕組みのものか理解しようとします。しかし、分かり難かったという経験をした方も多いです。そもそも、1坪は大体畳3畳分の広さですが、一軒の家の中で1坪を工事した時の金額と言っても、そこにキッチンなどの金額が含まれたり、含まれなかったり。基準がハウスメーカーごとにまちまちなのが現状なのです。


中にはそのことを逆手にとって、とても安い坪単価を謳って広告を作成するローコスト住宅メーカーもあります。坪単価25万円や30万円というチラシの記載を目にして、他のメーカーは50万円以上なのにもかかわらずなぜ安いのか、疑問に感じますよね。

そんな時は、しっかりとした説明をハウスメーカーから受けるために、住宅展示場に足を運んでみましょう。


展示場で資料と構造材、部材の計上の仕方などを確認すると、疑問が氷解して家づくりの次のステップに進むことが出来ます。


コスト計上の仕組みをほんの一部紹介すると、ローコスト住宅の坪単価は構造材や基本的な仕上げ材などのみで、他をオプション工事と位置付けている場合が多いです。その場合、モデルハウスに近づけようとすればするほど、あれもオプション、これもオプション、と金額が嵩んでいってしまうのです。家づくりを検討する時、無意識にモデルホームを基準に考えがちなのですが、坪単価を念頭におくとイメージと予算が大幅にずれる可能性があることに留意するとよいでしょう。