坪単価が安い注文住宅

ホームへ戻る >  注文住宅の中古市場  > 坪単価が安い注文住宅

ローコスト住宅と呼ばれる、坪単価の安さを売り物にした注文住宅があります。郊外などで家の工期を切り詰めつつ、必要最低限の住宅設備機器を導入して戸建住宅を持ちたい、と思った場合、それなりの需要があるハウスメーカーです。打ち合わせの内容などは通常の注文住宅と変わりなく、自分の要望や好みの内装材を選定する事もできるため、お財布事情を考えながらそれでも戸建住宅がいいという場合、ローコスト住宅を選ぶのは合理的な家づくりの選択肢でもあります。


しかし、坪単価25万円や30万円というのは、一般的な注文住宅の坪単価が50万円以上である水準からして、かなり低い設定です。どうしてその金額を提示出来ているのかを研究することは大切です。

ローコスト住宅の場合、本体工事価格が最小限のもので、オプション工事の割合が多いのが特徴です。例えば間取りを若干変えたり、キッチン機器で少しいいものを選ぶと、全てオプションとなる、というような仕様の場合もあります。


モデルハウスで文字情報だけが並んでいる仕様書を眺めていると、この辺りの事情が一度に分からず、契約後オプション追加分に悩むという事になりかねません。気持ちの張り詰めた中で、何がどれだけ増額になるか考えつつ打ち合わせというのも芳しくない話のため、担当営業者には予め相談をし、モデルハウスの水準に対して自分の住まいがどのような形になるかを、写真入りの提案書などで示してもらうとよいです。