注文住宅の坪単価と建物本体工事

ホームへ戻る >  注文住宅の中古市場  > 注文住宅の坪単価と建物本体工事

建物本体工事とは、読んで字のごとく建物本体を工事する価格です。注文住宅を箱のようなものとイメージして、構造材とそれを組み上げる人手、仕上げの壁を張ってクロスなどを施工する金額と考えれば大筋確実です。これが坪単価27万円と聞いた時、思わず安いと感じてしまいます。しかし、よく考えてみると、この仕様のみで出来上がっている注文住宅に住んでいる人は、まず皆無と言えます。


注文住宅の特色は、箱のように平坦な物質でない家を購入するというところにあります。

単純な部分だけで言っても、各種配線のなされていない住まいは困ります。具体的に言うとガスの引き込み工事や、電気配線工事が坪単価に含まれておらず、後計上では何かと不都合ですね。しかし、いわゆるローコスト住宅の坪単価が安く計上されている場合、そういう事もあり得ます。単なる買い物にも言える事ですが、明細を見る習慣がなく大づかみな把握で完成を予想すると、あとあと不足分を補わなければいけないという仕組みです。


住宅業界の場合、リフォームですべての工程を一式と表現する見積もりが、曖昧で悪徳リフォームの温床となったため、わかりにくい明細表示については改善傾向にあります。しかし注文住宅で広範囲にチラシの訴求をする場合、やはり目を惹くために建物本体工事を安く設定する事もあるのです。打ち合わせが進んで自分のしたいことを叶えたら思わぬ高額となった、というのでは、その後の心理的負担も大きいです。工事の何が単価に反映されているのかよく研究しましょう。