賃貸マンションのセキュリティー

ホームへ戻る > 賃貸マンションのセキュリティー

賃貸マンション室内のチェック
中古と新築の一戸建て、どちらがいい?
中古の一戸建てを購入する前に
中古の一戸建て購入の仲介者
中古アパートの耐震診断

住まいのセキュリティーは重要な問題です。賃貸マンションを契約する前にチェックしたいポイントでもあります。エントランスが明るいこと。これは必須です。出来ればオートロックがあれば安心です。暗証番号が必要になりますので、住人以外は簡単に建物内に入ることができません。管理人を配置している賃貸マンションもありますが、24時間体制と日勤の2パターンがあります。また防犯カメラを設置していたり、警備会社のシステムを設備として取り入れている建物もあります。


全てを装備している物件はなかなかありませんがエントランスのセキュリティーだけでもいくつかの種類があることを確認しておくと、安心して住める物件を見つけることができます。エントランスのチェックができたら、非常口と裏口の確認も必ず行います。

エントランスが完璧でもこちらのセキュリティーが甘い状態になっていては片手落ちです。ただし、警備会社のシステムやオートロックシステムを搭載している賃貸マンションは家賃に設定されていることが多いです。


チェックすべきセキュリティーとしてエレベーターがあります。エレベーターの中にも防犯カメラが設置されている物件がより安心です。エレベーターは時として密室になりますので、セキュリティー対策がされているかを確認するとよいのです。そして、契約するときめたら、部屋の盗聴器のチェックと玄関の鍵の交換も必須です。前の住人がどのような人かわかりませんので、自分でできることは慎重すぎるくらいに対策をしても無駄ではありません。