中古の一戸建てを購入する前に

ホームへ戻る >  賃貸マンションのセキュリティー  > 中古の一戸建てを購入する前に

一戸建ての住宅を買うとき、迷うことのひとつが「新築にするか、中古にするか?」です。同じ立地なら中古の方がコストはかかりませんが、中古は設備面などでどうしても新築に劣る部分もあります。さらに、新築よりも中古を購入するときのほうが見る目が試される部分も大きいです。ここは、中古の一戸建てを購入する前に持っておきたい心構えについて紹介しましょう。


まず押さえておきたいのは、中古の場合まさに千差万別の物件があるということです。新築の場合、注文住宅でない限りは多くがその時代のトレンドを反映したデザイン・間取りとなり、立地によってコストが変わってくるというのが基本です。

ですが、中古の場合は築年数によっても異なりますし、もちろん立地や間取りによって全く違ってきます。さらに、たとえば同じ築年数でも、前の持ち主のメンテナンス具合によっては、状態は天と地ほどの差が出てくる場合も。それだけに、購入者の「目」が問われるということですね。


以上のような状況を考えると、中古で一戸建てを購入したいと考えるなら、まずは物件を見る目を養うべく、何度も足を運んで、少しでも多く物件を見ることが近道です。そうすることで、自分が重視したいポイントについてはっきりしますし、チェックポイントも分かってくるでしょう。また、家さがしのパートナーとなる仲介業者の存在も大きなもの。評判がよく、信頼できるところをシビアに選ぶことが必要となります。