がんとストレス

ホームへ戻る >  デザイナーズマンションの賃貸  > がんとストレス

がんをはじめとした病気とストレスは大きな関係があります。まず、人間はストレスを定期的に受けると自律神経が大きく乱れます。自律神経が乱れると自分をうまくコントロールできなくなり、免疫力も下がってしまいます。現代人は、食生活もあまり良いとは言えませんから、ストレスは更に高まることになります。この悪循環を繰り返していると、結果としてがんや他の大病になる可能性は多いにあります。


人間にとって、適度なストレスというのは必要で、適度なストレスがないと逆に病気にかかりやすくもなります。がんの発生要因は複数ですが、過度のストレスの影響はやはり大きいでしょう。対策としては、まずはストレスに強い体を作りましょう。その為にはバランスの取れた食生活を心がけ、栄養素がしっかりと入ったものを食べることが重要です。栄養が慢性的に不足するとストレスに対する抵抗力が弱まり、それが進むとうつ病などの精神疾患にもなりかねません。

とにかく、規則正しい日常生活を送り、自分自身をしっかりと管理していきましょう。そうすればストレスへの抗体もできますし、なにより、自分自身が楽になりますので、結果的に良い方向に進むでしょう。たかがストレスを侮ってはいけません。ストレスよる病気はまさに現代病と言われ、精神疾患を中心に様々な病気に派生しています。こういった病気の要因を少しでもなくす努力が、がんや病気を防ぐ役割をしっかりと果たしているのです。